システムエンジニア

システムエンジニアの仕事内容、開発の流れを理解しよう

この記事は以下をターゲットに書いています。

・システムエンジニアに興味があり仕事内容が知りたい

・システム開発の大まかな流れを知りたい

システムエンジニアの仕事内容を知るためには、開発の流れを知ると良いです。

システムエンジニアの一般的な開発の流れ

どのプロジェクトでも大体以下の流れで開発しています。

ひとつの項目を工程やフェーズと呼びます。それではひとつずつ見ていきましょう!

要件定義

お客さんからシステム化したい業務をヒアリングし、ビジネス要求をまとめます。機能的な要件から、処理速度やセキュリティなどの要件まで定義します。

設計

定義された要件をもとに、どのようにしてシステムを実現するか設計します。システム全体の設計や、画面・機能ごとの設計などさまざまです。

実装

設計をもとにコーティング、プログラミングします。システムエンジニアが一番大好きな工程ですね。

テスト

設計通りに実装できているかテストします。ここが一番長く大変です。画面・機能ごとのテストから、システム全体のテストまで盛りだくさん。

リリース

開発したアプリケーションをサーバに配置して公開します。これでお客さんはアプリケーションを実業務で使うことができます。

保守運用

リリースしておしまいではありません。正常に動作していることを確認し、問題が発生した場合は調査して解決します。重大なバグや追加要件が発生した場合は対応します。

プロジェクトによって工程の名前が違う場合もありますが、やることは同じなので気にしなくて大丈夫です。

実際の流れはプロジェクトにより様々です

一般的なシステム開発の流れを追ってきましたが、必ずしもこの通りに進むわけではありません。設計からテストを複数回繰り返した後にリリースするケースもあります。

最近はビジネス内容が変化するスピードも速いため、お客さんの要件を聴きながら、並列で設計して実装してテストしてというやり方が多いです。私も過去5つのプロジェクトに参画しましたが、このやり方が一番多いです。

お客さんやプロジェクトに合わせて臨機応変に対応しましょう。