ライフ

三十路前に想定外のニート生活でガクブルなゆうたまの内省

2018年、夢だった海外就職をベトナムで果たしました。

しかし、毎日がつらく苦しかったので辞めました。。。

一年前からエージェントやセミナーに通って、朝早く起きて英語勉強して、セブ留学して…

まさかの三十路前でニート生活になるとは思ってもいませんでした。

何となく年明けに帰国する予定です。日本にいると雑音がうるさいから。

幸せってなんだ?

苦しい時にいつも考えていたことは幸せについて。

僕の思う幸せとは=生き生きしている状態

やりたい事がたくさんあって生きることが楽しい状態。

やりたいことも書き出してみました。

すべて人に繋がっていたし、感動を共有することがしたい結論になった。

しかし、人見知りにとってこの世界はあまりにも生きにくい。

僕は30年間生きてきました。

このまま行けば、だいたいこんな感じの人生で生きていくんだろうなと予測がつきます。

家族がいて彼女がいて友達がいて幸せです。

けどあと70年もあるし、出来ることならもう少し良い働き方と生活と仲間と。

すでに持っている価値を発信する

年明けはフリーランスとして活動する予定。

Webエンジニアで開業するけど、働き方は自由に選ぶことができる。

エンジニアだったので、プログラミングで稼ぐことにフォーカスしがちですが、もっとフラットに考えたい。

世はまさに一億総クリエイター時代。商品、サービス、体験談…すべてがコンテンツになる。

理想としては、複業で収益を出しているCOKOさんとかカッコイイな。

または、収入10万だけど固定費抑えているし好きな仕事だから幸せですみたいな。

ツイッターから学んだことですが、すでに持っている価値を発信すること。

30年モノの知識や経験を発信する。

発信するために新しく何かを始めるのではなく、ゆうたまとして発信することに価値がある。

まだやったことのない人にとって、その距離は立派な価値になる。

そう考えれば自信のない過去も決して黒歴史じゃない。

大学生が自分で価値を考えてマネタイズしているのだから、僕にもきっとできるはず。

ワクワクと共にまた歩き出す

自分の価値を明確にしたあとにも懸念はあります。

・どうやってマネタイズするのか?

・セールスマーケティングのスキルを身につけること

・人目を気にせず行動できるか(バカになれるか)

・それが好きで時間を忘れるほど没頭できるか(量をこなす必要がある)

懸念はあるものの、何をして稼いでもいいのだと思うとワクワクする。

生き生きしている。このワクワクは僕の幸せ。