ホームページ制作

ホームページのお問い合わせフォーム作成で考慮すべきこと

こんにちは、ゆうたまです。
現在、とある顧客のホームページを新規で制作しています。

ホームページの更新が不要なため、WordPressは使用せず、静的ページで作成しようとしたのですが、お問い合わせフォームでつまずきました。

今までの制作ではWordPressを使用しており、思考停止で「Contact Form 7」を選択していましたが、静的ページの場合はどのようにお問い合わせフォームを設置しようかな?と思い調査しました。

この記事では、ホームページのお問い合わせフォームについて執筆します。

なぜお問い合わせフォームが必要なのか

そもそもなぜホームページにお問い合わせフォームが必要なのでしょうか?
企業へのお問い合わせという意味では、電話やメールでも良いはずです。

単純にホームページに電話番号やメールアドレスを掲載すればよいのですが、以下の問題があります。

  • 電話では営業時間外に対応できない、問い合わせ内容が記録されない、ユーザによっては電話が億劫
  • メールを送信するためにメールソフトを開くのは面倒、お問い合わせに必要な情報が漏れる

多くのホームページの目的は「まずは気軽にお問い合わせを頂きたい」だと思います。お問い合わせフォームは、ユーザから手軽にお問い合わせしてもらう手段としてとても有効です。

お問い合わせフォームがあれば、24時間いつでもホームページから受け付けられますし、お問い合わせ内容を記録することもできます。訪問者もホームページ上でお問い合わせが完結できるので、双方ともに便利です。

これらの理由から多くのホームページにお問い合わせフォームが設置されています。

お問い合わせフォームはサービスを利用する

お問い合わせフォームを設置する方法は自作する方法と、サービスを利用する方法があります。しかし、自作は全くオススメできません。

単純なウェブサイトはサーバーに配置されたファイルを表示するだけですが、お問い合わせには送信内容を保存する処理や、メール送信処理があるため、PHPなどのプログラミングが必要です。

また個人情報を取り扱うため、セキュリティ対策も万全に行う必要があります。

ホームページ制作の規模で自作するのはコストとリスクが大き過ぎる。世の中には便利なフォーム作成サービスがあるので利用するのがよいでしょう。

フォーム作成サービス選びで考慮すべきこと

中小企業・個人事業主のホームページ制作で、フォーム作成サービスを選ぶときに考慮すべきことをまとめました。

要件によって変わるため、一概には断定できませんが、以下の観点で調査すると良いでしょう。

広告を非表示にする方法

ほとんどのフォーム作成サービスは、無料版の場合、フォーム画面やメールに広告が表示されます。非表示にするためには有料版に契約する必要があります。

広告が表示されたまま顧客に提供するのは微妙ですので、有料版を契約することになるでしょう。事前に各サービスの有料版の料金を確認しておきましょう。

フォーム埋め込み可否

作成したお問い合わせフォームを自身のホームページに設置できるか確認しましょう。提供されたお問い合わせフォームページのURLを使用するか、指定された<iframe>または<form>を自身のホームページに設置します。

設置できない場合、提供されたお問い合わせページに遷移することになります。お問い合わせで外部ページに遷移すると違和感を感じるユーザーもいます。

デザインの自由度

フォームデザインを細かく設定したい場合は、自由に変更できるかを確認しましょう。配置するデザインによっては、そのままホームページに配置するとお問い合わせフォームだけデザインが異なるため違和感があります。

自動返信メールの詳細設定

どのサービスにもフォーム送信者への自動返信メール機能は付いています。お問い合わせが送信された際に管理者に送信されるメールと、フォーム送信者に送信される自動返信メールのタイトルや本文を編集できるか確認しましょう。

スパム対策

スパム対策の設定機能も確認しておきましょう。IPアドレスアクセス制限、GoogleのreCAPTCHAを設定できるか迷惑メールを受信したときに対策できるでしょう。